定期試験対策~塾の活用~

 高校生と一部の中学生が中間テストの期間になりました。テスト直前になると、「あぁ、もっと前から準備しておけばよかった」と誰しもが感じることでしょう。入試ではそうはならないようにしたいのですが、入試においてさえ完璧に仕上がって受ける人はあまり見たことがありません。

 みんな何かしら勉強不足の箇所を抱えたまま試験会場に向かうことになるのが現実です。しかし、その不安点をできるだけ少なくするのが勉強の積み重ね、努力の継続だと思います。

 定期試験の直前になってようやく勉強をやり始めたけど、どこから手をつけていいかわからなくて投げ出したくなった、そんなときは「一単元だけでもいいからしっかりやる」ようにしてみましょう。何もしないというのは禁じ手です。漢字だけでもしっかり覚えるとか、例題だけでも解き方を覚えるとか、教科によっていろいろできることがあると思います。

 そして、定期試験が終わったら、同じ過ちを繰り返さないように、改心しましょう。普段からコツコツ勉強する習慣をつける努力をしましょう。たとえ三日坊主になっても気にせず、またやり直せばいいのです。その積み重ねが自信をつけ、合格の可能性を上げるのだと信じましょう。

 一夜漬けでも何でも勉強したことは無駄にはなりません(テストが終わって見直しをしないと一夜漬けはほぼ無駄になりますが!)。APTIPではテスト前に自習にきて、プリントをもらったり、質問をしたりして効率よく勉強を進めている人がたくさんいます。私たちをうまく利用してくださいね。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示